京都即宗院の樹木葬
樹木葬へのお問合せ
  リンクについて 樹木葬運営企画 お問合せ
20
初夏の即宗院参道
京都即宗院の樹木葬
10

都市型樹木葬墓地では、シンボルとなる木などを配した芝生の下に埋葬しますが、即宗院の自然葬では、古(いにしえ)の万葉の時代からおこなわれていた自然葬に近い弔いの方法です。深い緑に囲まれた中、野趣豊かな小隈笹(コグマザサ)の下、地中深く埋葬されます。
「自然苑」は、昨今の家族像や価値観の変化から、お墓の継承者がいなかったり無縁への不安を抱えた人、一人暮らしの人や子供に負担をかけたくないと考える現代人にも安心で、やさしいお墓のカタチです。

自然苑は、三方に高木と瓦塀で囲まれた静かで落ち着いた空間となっていて、緩やかな3段の小隈笹に覆われた埋葬地となっています。利用者は、小隈笹の それぞれの区画に埋葬されることになります。たくさんの方々の墓が集まり、全体でひとつの墓となります。個人墓であり、集合の墓でもあります。

即宗院の敷地

 

「自然苑」へは、大本山東福寺境内 法堂と方丈の建物の間を通り、洗玉澗(川)に架かる「①偃(えん)月橋」(重要文化財)を渡り、即宗院の②山門を入ります。手入れの行き届いた庭を左に観ながら土塀に沿って石畳を進むと、西郷隆盛が揮毫建立した顕彰碑のある山へ向かう道と墓所に向かう3差路を直進し門を開くと墓所に着きます。
「自然苑(じねんえん)」は、この墓所の奥、高木に囲まれた緩やかな斜面にあります。


偃月橋
即宗院山門
自然葬地へコグマザサ
即宗院の墓所
即宗院自然葬地『自然苑』
上から見た自然苑
20
 
PAGE TOP
10
樹木葬とは?
京都即宗院の樹木葬
樹木葬の契約と費用
契約までのながれ
即宗院住職のおもい
京都即宗院について
お寺の見どころ
お寺の四季のフォトアルバム
樹木葬のコミュニティ 即宗会について
各種行事
京都即宗院の場所
メディアでの紹介
お問合せ
樹木葬についてのお問合せ
樹木葬の資料請求
即宗院での現地見学会申込み
即宗院タヌキのひとりごと
 
10
Copyright (C) 2011 即宗院の自然葬. All Rights Reserved. リンクについて プライバシーポリシー 樹木葬運営企画 お問合せ