京都即宗院の樹木葬
樹木葬へのお問合せ
  リンクについて 樹木葬運営企画 お問合せ
20
秋の即宗院本堂
15
東福寺塔頭即宗院について
10

臨済宗東福寺派、大本山東福寺塔頭。嘉慶元年(1387)九州薩摩藩島津氏久公が、剛中玄柔禅師(東福寺第54世住持)を開山として建立。薩摩藩の菩提寺 で氏久公の法名「齢岳玄久即宗院」から寺名とした。創建当時は現在より南に位置していたが、永禄12年(1569)に火災で焼失し、島津義久公が慶長18 年(1613)頃再建した。その地は、関白藤原兼実公が晩年営んだ山荘「月輪殿」の跡で、国宝①「法然上人絵伝」にも描かれている。寛政11年(1799) 発行のガイドブック②「都林泉名勝図絵」にも名園として紹介されている。庭園は現在京都市名勝に指定され、③紅葉の美しさと千両の鮮やかさで有名である。西郷 隆盛公と僧月照(京都清水寺の勤皇僧)は、王政復古を志し、新撰組や幕府の追っ手を逃れこの即宗院の採薪亭で幕府転覆の策をめぐらした。西郷隆盛公はその 後の苦難を乗り越え、鳥羽伏見の戦い(慶応5年)から勝ち進み勝利を手中にした。戦いの戦死者524霊を弔うためこの即衆院に半年間滞在し碑文を書きしたため、明治2年に「東征戦亡の碑」を建立した。

15
①国宝「法然上人絵伝」 (知恩院蔵)
浄土宗の開祖法然の誕生に始まる半生の伝記、浄土宗確立の過程、法然の教えなどを絵巻に説いたもので、四十八巻からなる。
15
②都林泉名勝図絵
寛政11年(1799)に刊行された『都林泉名所図絵』に掲載され、江戸時代にも名庭園として名高かった。
③即宗院の千両
即宗院の庭園の四季折々の花木は尽きないが、冬には“値千金”の「千両」の実が、凛とした厳しい寒さの中に色を添えている。
 
即宗院山門の仁王像の石像
【沿革】
 臥雲山即宗院(がうんざんそくしゅういん)は、薩摩藩(現:鹿児島)東福寺城の守護大名であった六代目島津氏久(1328-1387)の菩提の為、南北朝元中4年(北朝嘉慶元年=1387年)、剛中玄柔(ごうちゅうげんじゅう)和尚(東福寺第五十四世住持)を開基として創建された。 院号は氏久の法名「齢岳玄久即宗院」に由来する。
  永禄12年(1569)に焼失したが、慶長18年(1613)島津家久によって再興された。
 以来、薩摩藩畿内菩提所とされ、藩より七十石が施入されるほど深い関係が結ばれてきた。
 現山門は再興時のもので、門の左右に安置された仁王像は石造りで、本山塔頭寺院としては稀有な存在である。
15 10
剛中玄柔和尚像
【開山】
 開山剛中玄柔和尚(1318-1388)は薩摩藩主の猶子(養子)として豊後国(現:大分県)に生まれた。
  東福寺住持第三世大明国師(南禅寺の開山)の法嗣玉山玄提に支持し、その法を継承したのちは大慈寺(鹿児島県)・南禅寺・東福寺に歴住した。その間中国に渡り、6年間仏教と儒学を学び、朱子学の権威となった。また、帰朝時には大蔵経を請来し、本院に寄付した。
 嘉慶2年5月27日、世寿71歳で入寂した。
20
樹木葬とその歴史 << 樹木葬とその歴史 即宗院のみどころ >>即宗院のみどころ
 
PAGE TOP
10
樹木葬とは?
京都即宗院の樹木葬
樹木葬の契約と費用
契約までのながれ
即宗院住職のおもい
京都即宗院について
お寺の見どころ
お寺の四季のフォトアルバム
樹木葬のコミュニティ 即宗会について
各種行事
京都即宗院の場所
メディアでの紹介
お問合せ
樹木葬についてのお問合せ
樹木葬の資料請求
即宗院での現地見学会申込み
即宗院タヌキのひとりごと
 
10
Copyright (C) 2011 即宗院の自然葬. All Rights Reserved. リンクについて プライバシーポリシー 樹木葬運営企画 お問合せ